スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠された宝

 ひとりの子どもがクリスチャンの母によって、聖書物語の読み聞かせをしてもらいながら、聖句暗唱をさせられて青っていった。
 青年になって自立した彼は、母から教えられた信仰からも離れていくということにもなった。そして放蕩の生活に浸ってしまった。
 フ年の歳月が過ぎたある時、彼の内に一つの聖句がわき上がってきた。
 「イエスは、いつも生きていて彼らのためにとりなしておられるので、彼によって神に来る人々を、いつも救うことができるのである」(ヘブフ:25) 青年はこの聖句によって、自分の意志によってイエスを救い主と信じ救われたのであった。
 彼こそ後に、禁酒運動の働き人となって世界中を講演して回ったジョン・B・ゴフであった。
                  キリスト教例話集

http://piera.ruth-planning.info/
スポンサーサイト

福音とは

カリフォルニア州のウェストミンスター神学校の教授(神学と弁証論)であるマイケル・ホートンは、福音を以下のように定義している。
「福音とは、賢い教えでも、良きアイデアでも、知恵ある助言でもない。福音とは、神がイエス・キリストにおいて私たちのためにしてくださったことの宣言である」

ユダヤ人のイエス・キリストは同胞ユダヤ人によって十字架にかけられた。

神の愛は永遠に変わることのない愛

米国入神学者のジョン・バイパーは、神の愛が地上のいかなる愛よりも優れている理由について、以下のように書いている。
私たちは、結婚生活について、「蜜月は終わったよ」などと冗談を言うことがある。蜜月が終わるのは、私たちが有限な存在だからである。私たち人間には、長期間ともに生活することから来る「いらだち」が予見できないのだ。倦怠感が襲って来ると、最初の愛を維持するのが困難になる。また、結婚関係を新鮮に保つための新しいアイデアが浮かんで来なくなる。
神は、ご自身と教会の関係は花婿と花嫁の関係であると言われる。つまり、神は、蜜月の愛、喜び、いのち、そして興奮を、いつまでも保ってくださるということである。それが、神が私たちに示しておられる愛である。
もう1つ付け加えるなら、神の蜜月の愛は永遠に終わらない。神は、その力において、知恵において、創造性において、そして愛において無限のお方である。それゆえ、蜜月の愛を保持することに何の困難もないのである。神は私たちの姿をより美しく変えてくださる。また、創造性を発揮して、いつまでも私たちが飽きることのないように、新しいことをしてくださる。神とともに歩む人生には、飽きるということがないのである。
キング・イエスキリスト教会


プロフィール

luke

Author:luke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。